手に持っている水晶玉

これはやめておこう

2台の携帯を持っている女性

ここで赤ちゃんの名前をつける際に、絶対に注意してほしいことをひとつ紹介したいと思います。というのも、あなたもすでにご存知だと思いますが最近はよくキラキラネームを赤ちゃんにつける親が増加してきています。キラキラネームというのは言い換えれば個性があってかつ人間につける上ではタブーとされているような名前のことです。つまりは従来の人間らしさを完全に失うような名前を総称してキラキラネームと言います。たとえば「ピカチュウ」とか「シャネル」「ポコリン」といったような、まるでゲームのキャラクターにでもつけるような感じの名前になります。もちろんカタカナのまま赤ちゃんに名づけることはできませんので、むりやり漢字で当てていくことになります。上記の例で言えばポコリンだと「歩木鈴」といった感じです。もちろんペットなどにこのような名前をつけるのは問題ありませんが、赤ちゃんとなるとさすがにキラキラネームはあまりにも痛々しいと断言できます。もちろんつけてはいけないというルールはありませんので実際に赤ちゃんが生まれる際にはキラキラネームをつけることが可能ですが、基本的にはやめておくべきでしょう。まず赤ちゃんが大きくなって学校に通い始めるようになると同級生に名前をいじられてそのままいじめに発展する恐れも全然ありえますし、社会人になる頃には当然面接というものを経験することになるはずなので、名前をまともに他人から読んでもらえないようなことも発生してしまいます。またそれ以前に赤ちゃん本人にあとから恨まれるなんてこともあるので、普通だったら避けて通るべき道でしょう。